機種メニュー

収支を入力する

導入日カレンダー

  • 甘デジ

009 RE:CYBORG 筐体画像:1枚

大当り確率 1/99.9 → 1/47.83
賞 球 3&2&8&10
確変率 0.5%→100%(ST70回)
ラウンド 2Ror3Ror4Ror5Ror6Ror7Ror8Ror9Ror10Ror11Ror12Ror13Ror14Ror15Ror16R(10C)
出 玉 約270個~約1430個※メーカー発表値
時 短 大当たり終了後に70回
確変割合:ヘソ 確変割合:電チュー
・ヘソ:6R…0.5% ・電チュー:3R…50%、4R…5%、5R…5%、6R…10%、7R…7.5%、8R…7%、9R…0.5%、10R…5%、11R…1.5%、12R…1.5%、13R…1%、14R…0.5%、15R…0.5%、16R…5%

兄弟機

機種情報


2012年公開の劇場版「009 RE:CYBORG」の新ビジュアルを採用し、新規映像も搭載した新たなサイボーグ009がパチンコ化。
甘デジタイプのV確変機で、通常時は0.5%、電サポ中は100%の確率でST(70回転)に突入する。
『サイボーグ009』は2003年以来、09年、12年にもホールに登場している。

初当たりの99.5%は時短70回付きの通常大当たりで、その時短中に大当たりになることで70回転のSTに突入する。
時短70回転で当たる確率は約50.6%、ST70回転で当たる確率は約77.2%。

裸眼3D&ツインビジョンやインパクト抜群の役物、加速RUSH中の様々なCOMBO(出玉)上乗せ、ST継続率約77%などが特徴。

突時と小当たりを搭載。潜確は未搭載。

通常時の大当たりの内訳は、6R確変(ST70回転)…0.5%、6R(実質4R)通常(時短70回転)…89.5%、2R突時(時短70回転)…10%

液晶はアメイジング3D VISIONと名づけられたもの。その手前にはジョーVISION(透過液晶)がある。メイン液晶下部から上昇するSEVEN ライジング VISION(サブ液晶)、上下から飛び出して合体する009ギャラクティックシャッター、上下から変幻自在の動きを見せるアクセルアーム、上部に加速ランプの各役物を搭載。

大当たり中、電サポ中は右打ちする。

盤面右下に2つのアタッカーを装備。赤い羽根状のモノがメインアタッカー、最下部にあるのがVアタッカー。その中間にあるのがベロ状の電チュー。

時短中と継続率約77%の加速RUSH(ST)中、つまり電サポ中は、3R〜16Rまでの14通りの大当たりラウンドがある。
図柄揃い後の先乗せ、COMBO終了と見せかけての後乗せ、ラウンド中演出からのバトル乗せと、多彩なCOMBO(出玉)上乗せ演出がある。

9大加速ポイントは、超絆ZONE、彼の声連続予告、天使降臨、次回予告、SDキャラ群予告、加速装置予告、蝶柄、リーチ中に009参戦、ストーリーリーチ〜世界の正義を貫け!!〜。すべて信頼度50%オーバー!?

サイボーグ009ではお馴染みのglobeの楽曲を新規で2曲追加して合計5曲収録。

予告演出


絆ZONE
 

突入すればチャンスとなる先読みZONE。超絆ZONEならさらに!

009準備ZONE

サブ液晶が上がれば大チャンスだ。これも先読み。

パネル異空間ZONE

ANGELZONE突入で大チャンス。

彼の声連続予告

彼の声が聞こえてくる……。アツい。

加速連続予告

加速すればするほどチャンスとなる疑似連続予告。

コンビネーション連続予告

破壊に成功すればチャンスになる。

009覚醒連続予告

009が覚醒すれば!

カウントアップ連続予告

001からカウントアップされていき、009まで続くと大チャンスだ。

集合ステップアップ予告
 

次々にキャラクターが登場する。009まで登場すれば大チャンスだ。

ステージチェンジ予告
 

シャッターやシルエットの色によって期待度が変化する。

シナプスバースト予告

演出に成功すれば期待できる。

ムービー予告

9枚の映像が揃うと……。

次回予告

信頼度を高めるアツい予告。

SDキャラ群予告

リーチ後に群が駆け抜けたら信頼度大幅アップ!

※ほかにも多数の予告がある

スーパーリーチ演出


電ビットチャンス
  
チャンスゲーム専用演出。チャレンジ ザ ライト、チャレンジ ザ シャッター、チャレンジ ザ モニターの順に信頼度が高くなる。演出に成功(2R突時)すればチャンスタイムに突入する。

カードバトル
 
1stバトル、2ndバトルと2回勝てばチャンスタイムに突入する。カードの種類やポイントに注目しよう。金のカードで負けると!?

ゼロゼロナンバーサイボーグリーチ
  
ドバイ上空戦、戦闘機迫撃、ラザロ兵強襲などがある。文字色や背景にも注目しよう。

ゼロゼロナンバーサイボーグタッグリーチ
  
ゼロゼロナンバーサイボーグリーチから仲間の呼びかけに応じると発展する。
001&003、002&007、004&006、005&008のパターンがある。009が参戦したら大チャンスだ。

ストーリーリーチ
  
009 覚醒の時!!、ドバイ激走、世界の正義を貫け!!  の3種類。サブ液晶の文字色にも注目だ。

重要演出


チャンスタイム
  
通常時の99.5%を占める通常大当たり後に突入する時短70回転のモード。右打ちする。
ミサイル撃破チャンスZONEと003チャンスZONEのどちらかを打ち手が選択できる。
ミサイル撃破チャンスZONEではエピソードリーチがかかることがある。信頼度は003<002<009。シャッター出現やヒートタイム突入でチャンス。
003チャンスZONEではトレーニングリーチがかかることがある。信頼度はトレーニング内容によって異なる。ルームランナー<バタフライ<エアロバイク<ベンチプレス<エアロビ<水泳。

加速RUSH
  
通常時に0.5%を占める6R確変大当たりか、電サポ中に大当たりすることで突入するST70回転のモード。右打ちする。
1〜59回転はATTACK ZONE、60〜70回転はDEFENCE ZONEとなる。
ATTACK ZONEでは多彩な先読み予告が発生する。ゼロゼロナンバースーパーリーチでは001、002、003、004ならチャンス、009なら大チャンスだ。一撃リーチは出現=激アツ。
DEFENCE ZONEではスカール/Gスカールの攻撃に注目だ。

COMBO上乗せ演出
  

COMBO=出玉のことで、まずは大当たり直後、多彩な演出でCOMBO数が表示される。右打ちして出玉を稼ぐ。
例えば「1500 COMBO」と表示されれば15Rまでのラウンド継続が確定する。
その後も、COMBO終了と思わせてのサブ液晶発動からのCOMBO後乗せ、スカールの攻撃を回避してのバトル乗せなどの演出が発生する。

作品紹介&ストーリー

■作品紹介

西暦2012年秋劇場公開された、神山健治監督作品アニメーション。
映画『009 RE:CYBORG』キャッチコピー「終わらせなければ、始まらない。」 ​
日本SFマンガの金字塔であり、全てのサイボーグマンガ・アニメーションの原点である、石ノ森章太郎原作『サイボーグ009』。
『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズ、『精霊の守り人』、『東のエデン』の神山健治監督が自ら脚本・監督をてがけ、
2013年という、リアルタイムな現代を舞台に、全く新しい物語を生み出した。

終わらせなければ、始まらない。



■ストーリー

物語の舞台は、2013年の現代。
ロンドン、モスクワ、ベルリン、ニューヨーク …。大都市の超高層ビルが次々と崩壊するという、同時多発爆破事件が発生。
いつ、誰の意志で計画されたかもわからない無差別テロは、世界を不安とパニックへと陥れていた。
かつて、世界が危機に陥るたびに、人々を救った 9人のサイボーグ戦士がいた。
その役目を終え、各々の故国へと帰っていたゼロゼロナンバーサイボーグ達は、生みの親であるギルモア博士からの呼びかけによって、再び集結しようとしていた。
一方、ゼロゼロナンバーサイボーグのリーダーである日本人、009こと島村ジョーは、過去の記憶を消し、東京・六本木でひとり、暮らしていた。
サイボーグ戦士最後の切り札であるジョーは、ギルモア博士によって 30年間、3年に一度、記憶をリセットされ、高校3年間を繰り返していたのだ。
全世界同時多発爆破事件の犯人とは?ヒーロー不在の時代、彼らは、誰がために戦うのか?
彼らが立ち向かう、新たな時代の「正義」とは?
ジョーの記憶が呼び覚まされた時。
ゼロゼロナンバーサイボーグの新たな戦いが始まる!





ニューギン公式サイト『CR 009 RE:CYBORG』の「009 RE:CYBORGとは?」より抜粋。
http://www.newgin.co.jp/pub/machine/cr_sangokushi/story.html 

Page Top

009 RE:CYBORG