機種メニュー

収支を入力する

導入日カレンダー

  • 甘デジ
  • ST
  • 右打ち

デジハネCRあしたのジョー 筐体画像:1枚

大当り確率 1/99.9 → 1/79.8
賞 球 3&1&7
確変率 61%→100%
(ST80回)
ラウンド 2Ror7Ror15R(9Cor10C)
出 玉 約133個or約483個or約490個or約1043個 ※メーカー発表値
時 短 大当たり終了後に30回
確変割合:ヘソ 確変割合:電チュー
13R(実質2R)確変…10%
13R(実質7R)確変…51%
7R(実質7R)確変…25%
15R(実質15R)確変…75%

兄弟機

機種情報

1967年から連載を開始したボクシングモノの名作マンガ「あしたのジョー」をモチーフにしたV確変タイプのST機。
通常時は61%、電サポ時は100%の確率で80回のSTに突入する甘デジタイプ。ST継続率は約63.5%。ST非突入時は30回転の時短が付く。
電サポからの大当たりの75%は15R大当たり、「あしたのジョー」ファンも楽しめる専用ムービーなどが特徴。

潜確は搭載していない。大当たりになれば必ず出玉がある。

通常時の通常大当たりは実質7Rで時短が30回転付く。引き戻し率は約26.3%。

液晶上部から下降したり回転する「打つべし」ロゴ、その奥にあって降下するパンチ、左右で揺れたり動く炎、下部から上昇するゴングの各ギミックを搭載。また、液晶手前には透過板がある。

盤面右側に2つのアタッカーを配置。スルー下にあるミニサイズのモノがVアタッカー、その下にあるスライド状のモノがメインアタッカー。ともに7個賞球で、上部アタッカーは9カウント、下部アタッカーは10カウント。

大当たり中、電サポ中は右打ちする。

電サポ中はバトル演出がメインになる。

4大激アツ演出は、炎JOEゾーン、ジョー3D予告、パンチギミック、強敵リーチ(ホセ・力石)。

予告演出

保留先読み予告
 
液晶下部に表示されている保留アイコンが回転したり変化するとチャンス。グローブの色別期待度は青<緑<赤<キリン柄<ジョー。
巨大な落雷が保留アイコンを直撃して保留が燃えたらバーニングラッシュへ!

停止出目先読み予告
 
同色図柄が停止すると先読み予告が始まる。赤はチャンス。

バーニングラッシュ
  
ジョーの雄叫びとともに発動する先読み。MAX BURNINGでパンチギミックが発動する。

あしたのために連続予告
 
段平図柄出現から始まる疑似連続予告。赤タイトルに期待。

ストーリー連続予告
  
「カーロス・リベラ」や「力石徹」ら全7パターンのキャラクターによるストーリーが連続していく。

マルチステップアップ予告
  
各ステージに応じたステップアップ予告がある。

コマ割ステップアップ予告
  
マンガのコマ割風にステップアップしていく。

シャドーステップアップ予告
 
市街地or白木ステージで出現する可能性がある。ジョーがシャドーをする。背景の色もよく見ておこう。

ステージチェンジ予告

背景やタイトルの色に注目しよう。

段平叫び予告
 
ステージチェンジ時のブラックアウトから発生する。色とコメントに注意しよう。

ジョーフラッシュ予告
 
フラッシュの色によって期待度が変化する。青<緑<赤。

VSチャンス目予告
  
ライバルたちの通り名が揃えばチャンス目となり、いずれかのリーチに発展する。

強敵バトル予告
 
ジョーVSホセor力石。両者対峙時に中央にVSが止まれば!

背景予告

画面左下にいるサチの動きに注目だ。

タイトルロゴ予告
  
ボタンを連打してパワーを溜めろ! 「あしたのジョー」が最後まで点灯すればチャンスだ。

リングイン予告
 
最終的にキャラが登場すればVSリーチへ。ジョー登場なら大チャンス。ガウンは白より赤に期待。

電話予告
 
会話の内容によって期待度が異なる。

新聞予告
 
新聞が裏返ってハガキになれば連続予告へ。

パネルルーレット予告
 
ボタンを押して停止したキャラに注目しよう。

黒板予告
 
演出の説明などが行なわれる。ドヤ街or丹下ジム専用の演出(以下同)。

テンカウント予告
 
ゴングが鳴る。9カウント後にキャラが登場したらVSリーチへ。

汗しぶき予告
 
登場キャラに注目だ。ここまでドヤ街or丹下ジム専用演出。

フィルム予告
 
最終的に出現する映像がポイントだ。市街地or白木ステージ専用演出。

少年院予告
 
少年院でのエピソードが展開される。赤いパターンならチャンスだ。ヒストリーステージ専用演出(以下同)。

キャラ紹介予告
 
最終的にキャラが表示されれば発展する。

塗りつぶし予告
  
セリフによって画面が塗りつぶされていく。キャラ登場で発展。これも赤に期待。ここまでヒストリーステージ専用演出。

バカンス予告
  
ハワイステージ専用予告。左にズームしたらドリンクの色に注目。最終的には葉子のセリフがポイントだ。
右にズームしたら段平の服装に注目。最終的にはジョーのセリフがポイントになる。

ビーチ予告
 
夕方と夜のシーンの2種類存在する。前者ではジョー&段平、後者ではジョー&葉子が登場する。これもハワイステージ専用。

次回予告
 
対応するライバルとのリーチに発展するアツい予告。

炎JOEゾーン

リーチ中に様々なタイミングで突入する大チャンス予告だ。

ジョー3D予告
 
リーチ中に火の粉が舞い上がってジョーが画面をパンチする。

背景カットイン予告
 
リーチ中に特殊背景がカットインしたらチャンスだ。プレミアム背景もある。

※ほかにも多くの予告がある

スーパーリーチ演出(▲は★半分の意味)

ライバルリーチ(VSウルフ)[★☆☆☆☆~★★▲☆☆]
  
クロス破りの刺客・ウルフ金串と戦う。ライバルリーチには前半と後半がある。

ライバルリーチ(VSハリマオ)[★☆☆☆☆~★★▲☆☆]
  
マレーシアの虎・ハリマオとの戦い。ライバルリーチは後半か、強敵リーチに発展すればアツい。

ライバルリーチ(VS金)[★☆☆☆☆~★★★☆☆]
  
戦うコンピュータ・金竜飛との戦い。ゴングギミックが発動することで後半に発展する。

ライバルリーチ(VSカーロス)[★☆☆☆☆~★★★▲☆]
  
無冠の帝王・カーロス・リベラとの戦い。ライバルリーチの中で最も期待できる。

名シーンリーチ(涙の引退式)[★★▲☆☆]
  
ロングリーチの「真夜中のうどん」から発展する。

名シーンリーチ(ジョーの青春)[★★▲☆☆]
  
ロングリーチの「ある夕暮れ」から発展する。

名シーンリーチ(涙の鉄拳)[★★★☆☆]
  
ロングリーチの「明日への希望」から発展する。

名シーンリーチ(愛の告白)[★★★★☆]
  
ロングリーチの「運命の舞台へ」から発展する。

強敵リーチ(VSホセ・メンドーサ)[★★★★☆]
  
強敵のホセ・メンドーサとの戦い。アツい。

強敵リーチ(VS力石徹)[★★★★▲]
  
本機最強リーチ。力石徹との死闘が展開される。

全回転リーチ[★★★★★]
全回転図柄出現から発生。ジョーファイティングラッシュ突入確定!?

重要演出

Vチャレンジ
 
ノーマルリーチやロングリーチ後のVチャレンジ図柄出現でVチャレンジへ。図柄の破壊に成功すれば実質2R分の出玉ゲット&ST80回転のジョーファイティングラッシュ突入だ。

スペシャルボーナス

3or7図柄揃いで大当たりになるとスペシャルボーナス。大当たり後のジョーファイティングラッシュ突入が約束される。右打ちする。

宿命バトルボーナス
  
3or7図柄以外の3つ揃いで大当たりになった場合は宿命バトルボーナス。その名のとおり、ラウンド中に力石の幻影と一騎打ちを行なう。
打ち勝つことができれば7R分の出玉ゲット&ジョーファイティングラッシュへ。敗北してしまったら7R分の出玉ゲット&リベンジモードに移行する。

JOE BIG BONUS
 
電チューからの大当たりは15RのJOE BIG BONUSか、7RのJOE BONUSとなる。

ジョーファイティングラッシュ
 
通常時は61%、電サポ中は100%の確率で突入するST中のモード。右打ちする。STは80回転で、ライバルとの激闘がハイスピードで展開する。
30回転までは「打つべしZONE」で、前半15回転はVSウルフ金串、後半15回転はVSハリマオとなる。バトルは発生しにくいが、勝利期待度は高め。
その後の31~80回転は「激闘ZONE」となる。45回転まではVS金竜飛、46~60回転はVSカーロス・リベラ、61回転以降はVSホセ・メンドーサとなる。バトルは発生しやすいが、勝利期待度は低め。スペシャルマッチのVS力石徹なら大チャンス!? 
なお、勝利することでその相手のコインをゲットできる。3つ貯めることができれば大当たり時に専用ムービーを見られるかも!? 
BURNINGゾーンや力石先読み、応援、掛け合い、実況などの各専用予告がある。

リベンジモード
 
通常時に宿命バトルボーナスで敗北すると移行する時短30回転のモード。右打ちする。特訓チャレンジや名言ステップアップ、ミット打ちといった各予告演出が存在する。
3D力石バトルリーチもアツいが、壮絶な減量エピソードが流れるジョーVer.と力石Ver.の全回転リーチが出現することもある。

確変昇格
大当たり直後に昇格するチャンスがある。

Page Top

デジハネCRあしたのジョー